黒部五郎岳まで 3日目

黒部五郎岳まで行ってきた。

日程はこんな感じ。
9/1(木)大阪(バス)〜新穂高温泉〜わさび平小屋
9/2(金)わさび平小屋〜双六小屋〜双六岳〜双六小屋
9/3(土)双六小屋〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六小屋
9/4(日)双六小屋〜新穂高温泉(バス)〜大阪

3日目、
本日は双六小屋から三俣蓮華岳、黒部五郎岳まで行って帰って来る。標準コースタイム10時間30分。
こんなに長いのは初めてだけど、テント装備ではないから大丈夫でしょう。
無理そうなら頂上まで行かずに引き返せばいいし。

5時50分、サブバッグに必要なものだけを入れて出発。
荷物が軽くて軽快軽快。
CIMG1820.jpg

天候良し、展望良し。
CIMG1822.jpg

巻き道で三俣蓮華岳へ。
天気もいいし双六岳の稜線を歩きたかったけど、時間短縮のために。
CIMG1829.jpg

巻き道でも展望は素晴らしい。
CIMG1831.jpg

適度な上り下りで、気持ち良く歩ける。
CIMG1844.jpg

後ろには槍ヶ岳。
CIMG1849.jpg

7時25分、三俣蓮華岳頂上(2841m)に到着。
頂上前はけっこうな登り。
CIMG1885_201610112255073bf.jpg

出発地点の双六小屋方面、右が稜線コースで左が巻き道コース。
稜線コースも歩きたかったなあ。
CIMG1884_20161011225457d34.jpg

右側に鷲羽岳。
CIMG1878.jpg

正面に黒部五郎岳、遠いな……
CIMG1891.jpg

少し休憩して黒部五郎岳を目指し、ひたすら下る。
CIMG1893.jpg

8時30分、
三俣蓮華岳からひたすら下って、黒部五郎小舎に到着。
下ったということはその分は登らないといけないのよね……
CIMG1900_20161011225513a71.jpg

ここのテント場も良さげだなあ。
トイレがめっちゃキレイだったし、水場もあるし。
CIMG1899.jpg

ちょいと休憩して黒部五郎岳頂上を目指し、ひたすら登る。
CIMG1903.jpg

見てみたかった黒部五郎カールが近づいてきた。
CIMG1909.jpg

右側に三俣蓮華岳、遠くまで来たな。
CIMG1911.jpg

黒部五郎カール、水が豊富で緑が多くて、でっかい岩がゴロゴロしていて素晴らしい。
ここまで来た甲斐があった。できればお花畑の季節に来たかったな。
CIMG1915.jpg

カールを登って頂上まであと少し。
CIMG1922.jpg

北ノ俣岳方面が見えた。
CIMG1926.jpg

本当にあと少しで頂上。
CIMG1929.jpg

10時15分、黒部五郎岳頂上(2840m)に到着。
CIMG1931.jpg

うむ。
CIMG1936.jpg

素晴らしい。
CIMG1930.jpg

下りる。
CIMG1950.jpg

黒部五郎の五郎、岩がゴロゴロしてるから五郎らしいよ。
わかりやすくて、アホくさくていいと思うよ。
CIMG1952.jpg

11時40分、黒部五郎小舎に帰ってきた。
この山小屋、なんかオシャレだろ。

小屋でカレー食べて、時間に余裕があるからベンチで少し昼寝。
CIMG1953_20161011225557517.jpg

12時25分、三俣蓮華岳頂上を目指し、朝に下りてきた道をひたすら登る。
CIMG1959.jpg

13時35分、三俣蓮華岳頂上まで帰ってきた。
ずっと登りだったからしんどかった。
きつい登りは頑張ってしまうみたいで、ここだけ標準コースタイムよりぜんぜん早かった。
テント場の双六小屋までもう少し。
CIMG1965_20161011225559973.jpg

15時10分、双六小屋に到着。
あともう少しと思ってからが本当に長かった。
三俣蓮華岳までの登りで疲れ切っていたから。
CIMG1983.jpg

ご褒美の本絞り、うめえ。
今日は頑張ったからなあ。
CIMG1984.jpg

ガスに包まれて早々に就寝。
おやすみ。
CIMG1985.jpg

天気良かったし、景色はどこ見ても良いし、
クソ疲れたけど最高の1日だったわ。
でも10時間以上のコースはもう2度と行きたくねえな……

3日目終わり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
・けいすけ
・絵を描いています。

私のホームページ↑みてね。
twitter やってます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示